経営士になると、何か良いことがあるのでしょうか。

もちろんあります。

いくつか挙げてみましょう。

経営士になるメリット

  • プロ中のプロの経営コンサルタントとしての証明になります。
  • 一般社団法人日本経営士会認定経営士として、信用が得られます。
  • 会員経営士同士による質の高い情報交換ができます。
  • 専門外であっても他の経営士それぞれ得意分野における専門知識を学ぶことができます。
  • 全国大会などで全国の経営士との交流を図ることができます。
  • 各支部において、毎月各種研究会を開き、会員同士の切磋琢磨ができます。
  • 他の経営士のコンサルティング手法を学ぶことができます。
  • 他の経営士からクライアント紹介の機会もあります。
  • 支部などで開催するセミナーや講座の講師となることで、能力の向上が図れます。
  • 先輩経営士をメンターとすることができます。
  • 後輩経営士をアドバイスすることで、自らの能力向上につながります。

 

いかがでしょうか。経営士になると、このような様々な機会が与えられます。

ただし、経営士になっても積極的に活動に参加しなければ、これらのメリットを手にすることは難しいでしょう。

本人次第ということですね。

 


経営士に関するご質問をいただいていますので、「よくあるご質問」をご参考にしてください。

よくあるご質問